メインコンテンツへ

文良農場(レジャーファーム)

文良農場(レジャーファーム)の植物 1
文良農場(レジャーファーム)の植物
文良休閒農場の竹 2
文良休閒農場の竹
文良農場(レジャーファーム)の入り口 3
文良農場(レジャーファーム)の入り口
文良農場(レジャーファーム)の植物縮小圖片, 角度1
文良休閒農場の竹縮小圖片, 角度2
文良農場(レジャーファーム)の入り口縮小圖片, 角度3

文良農場レジャーファームは七堵区瑪陵レジャー農業区にあり、農場内は多くの桂竹と緑竹を栽培しており、毎年5月になると桂竹筍が熟し始めるため、月末まで収穫することが出来る。6月以降には、緑竹筍も続々と土に出始め、9月下旬まで収穫することができ、ここで筍狩りを楽しむのもおすすめである。 文良レジャーファームのオーナーが栽培する甘い緑竹筍は、ほぼ毎年基隆市農会の緑竹筍コンテストで「特等賞」を獲得しており、基隆市を代表して全国緑竹筍コンテストに出場したこともある。ここで緑竹筍をお土産に買って帰れば、それだけで行った甲斐があったと言えるだろう。 農場では桂竹や緑竹以外にも、桑の実、文旦、茶葉、ワックスベリー等の栽培も行なっている。オーナー自家製の桑の実エキス、柚子エキス、ワックスベリーエキス、茶油は高品質で、購入が可能。中でも、烏龍茶の木の栽培が最も長く、日本統治時代に日本の皇室に納められた茶葉でもある。栽培面積は果樹園を始めたことで減少したが、それでも茶葉は年間50㎏収穫できる。農場には当時の茶摘み、製茶器具が残されており、当時日本に納められていた茶葉の製作工程を体験することもできる。 文良レジャーファームのもう一つの特産はワックスベリーであり、台湾本島でも稀少なこの作物は、文良レジャーファームで百株以上も野生に繁殖しており、中でも数株の高大な野生ワックスベリーの老木は、非常に貴重である。毎年5月中旬のワックスベリーが熟し始める頃になると、多くの観光客が自ら木に登ってワックスベリー摘み体験を楽しんでいる。オーナーはワックスベリーの木の実でエキスも作っており、ビタミンCが豊富なため、非常に健康的である。 筍狩り、ワックスベリー摘み、柚子エキス、桑の実エキス、茶油の購入以外にも、事前予した団体客や学生の校外学習に向け、オーナーは竹編芸術品、かぼちゃストラップ、DIYかぼちゃゼリー等の体験もていきょうしている。生態についても親切に解説してくれるため、楽しみながら学べるこの農場では、きっと豊かな収穫が得られることだろう。


主な農作物:中旬10月-4月のカレンダー終了程度の誕生の国におけるなどヤマモモ、緑の新芽、桂筍、茶、、、観光客に応じては、失望を避けるために、生産の季節に行きます。