メインコンテンツへ

基隆港

基隆港クルーズ 1
基隆港クルーズ
基隆港の貨物船 2
基隆港の貨物船
基隆港の戦艦 3
基隆港の戦艦
基隆港クルーズ縮小圖片, 角度1
基隆港の貨物船縮小圖片, 角度2
基隆港の戦艦縮小圖片, 角度3

基隆港は台湾本島の北端、富貴角と鼻頭角の中間にある。港の東、西、南の三面は山に囲まれ、港は西北に向かって開かれ、西南湾に向かって内港に入っているため、長さ2000m、広さ400mの細長い水路を形成し、軍港、商港等様々な機能を果たす、北台湾の優秀な港湾である。 「大船の入港」は基隆港で最も目を引く光景の一つで、行き交う観光客も、巨大な船がゆっくりと出入りする光景を見たら、誰でも足を止めてつい見入ってしまう。三面が山に囲まれ、一面が海に臨む天然の景色に、全台湾の国際港でも唯一無二の「港即ち市街地」であるのが基隆港で、至るところに悠久な歴史と豊富な人文を持つ。基隆港は建港から現在に至るまで、途絶えることなく船が密集し、台湾経済の奇跡と歩みを共にしてきた。そのため、基隆港の繁栄を見ることは、ちょうど「台湾の縮図」を見ているのと同じことなのだ。 美しく魅力的な基隆港は、岸の上で景色を眺めたり、観光ボートに乗って、波風の心地良さを感じながら美しいブルーラインを回ることもできる。様々な観光コースが選べる中、基隆の深みの旅を選択すれば、大型の造船工場や港のコンテナ積み下ろし過程、ムードあふれる光華塔、更には正浜漁港と基隆東西岸の埠頭まで観光に行けるため、非凡な港の風情を楽しむことができる。 基隆港区内を散策していると、いつも世界レベルの豪華客船や国内外の客船、貨物船が停泊している姿を目にすることができる。近年では、基隆港も観光と親水性を結合させた港へのモデルチェンジを始め、次第に基隆のロマンチックムード溢れる新たな観光スポットと化している。


ヨットの連絡先電話番号:金融会社の02から24232020のフレンズ