メインコンテンツへ

碧砂漁港(碧砂漁貨直売センター)

碧砂漁港のヨット 1
碧砂漁港のヨット
碧砂漁港の展示船 2
碧砂漁港の展示船
碧砂漁港のヨット縮小圖片, 角度1
碧砂漁港の展示船縮小圖片, 角度2

碧砂漁港は有名な観光漁市でもあります、元に八斗子漁港のー部分、今は漁港エリアにレジャーやグルメを盛り込んだ観光スポット、として八斗子漁港・碧砂休閑港区(レジャーハーバーエリア)なっています。様々な海産物、主に、新鮮な魚、海老、貝、海藻類などの水産品が売られている鮮魚コーナーと、新鮮で安い海鮮料理が楽しめるフードコートから成っています。 また、碧砂漁港の市場の近辺に、海鮮レストランが林立していて、色々な海鮮を自由に選べられます。漁港の市場で買った海鮮を持ち込んで調理してもらう事もできます。鮮美な味が絶対に忘れられません。 碧砂漁港の脇に子供たちが楽しく遊べる大芝生の広場だけではなく、クルージング埠頭の傍らにある「悠遊館」は観光と海の生態の学習が楽しめるレジャーセンターです。コーヒーを飲みながら、海面に映し出された九分の街の光を見ながらロングステイライフを満喫するのも最高です。そして、水上バスの”藍色公路”と呼ばれる観光娯楽漁船に乗り、華塔、基隆嶼、番仔澳等の観光名所に向かうのもよし・・・様々なスタイルに選択可能です。 市場の横には「海功号」と言う水産試験所をリタイヤした極地遠征の遠洋研究漁船が展示されています。「海功号」は台湾の一番目の極地を研究する遠洋漁船で、今も碧砂の漁港の一つの標識になりました。2008年から観光客が船内に入れるできます、内部設計等が公開されています。 とにかく、碧砂漁港ではクルージング埠頭なっています、北部の人々にとって、海鮮、海のレジャーライフを楽しむのに最適な場所になっています。「海上バス」の船もあり、観光客を楽しませています。