メインコンテンツへ

和平島観光魚市大通り

和平島観光魚市大通り港の風景 1
和平島観光魚市大通り港の風景
和平島観光魚市大通り歩道 2
和平島観光魚市大通り歩道
和平島観光魚市大通り歩道 3
和平島観光魚市大通り歩道
和平島観光魚市大通り港の風景縮小圖片, 角度1
和平島観光魚市大通り歩道縮小圖片, 角度2
和平島観光魚市大通り歩道縮小圖片, 角度3

碧砂漁産物直売センターが未完成だった時、和平島観光魚市は台北人が漁産物を買うための集散地であった。和平島観光魚市は八尺門漁港に近く、和平橋の下で基隆市街区と和平島間の細長い水域が区切られており、それが一般的に知られる八尺門水道で、かつては船が出入りする重要な航路であった。いつも午後に漁船が入港する時も、漁産物は直接船上から降ろされ、新鮮さが高いだけでなく、安く値切ることもでき、種類も碧砂漁港に劣らないため、多くの台北の海鮮美食家たちは、この場所こそ漁産物を購入するベストスポットであると言う。 この地は元々島民の釣りスポットや憩いの場だったが、近年、郷鎮改造計画が持ち上がり、基隆市政府はこの地を観光魚市大通りとして計画し、岸辺に多数の地方特産販売センターや新鮮な漁産物を販売する屋台、飲食店等を設置したため、獲れたての魚介を味わうベストスポットとなった。新鮮な魚介は料理人たちの真心込めた調理により、どれも美味であり、毎日の営業時間はだいたいお昼から夜までである。和平島現地漁民が毎日出港して引き揚げてくる「獲れたて」の魚介は、新鮮で安く、多くの観光客に愛されている。 ここに来たら、岸辺の木造欄干に寄りかかって、潮風に吹かれながら、和平島の美しい風情を眺め、リラックスすることができる。周辺の新鮮な魚介料理や和平島の美景を楽しんだ後は、基隆海鮮特産販売店やお土産センターで、海藻豆腐パイや海藻ヌガー、海藻水餃子等、様々な特色溢れる美味しいお土産グルメを吟味し、新鮮かつお手頃価格のお土産を幾つか買って帰るのも良いだろう。