メインコンテンツへ

崁仔頂商圈

崁仔頂商圈入り口 1
崁仔頂商圈入り口
崁仔頂商圈歩道 2
崁仔頂商圈歩道
崁仔頂商圈の観光客 3
崁仔頂商圈の観光客
崁仔頂商圈入り口縮小圖片, 角度1
崁仔頂商圈歩道縮小圖片, 角度2
崁仔頂商圈の観光客縮小圖片, 角度3

崁仔頂商圈は孝一路と孝二路の部分を指しており、二つの特色商圏に分けられる。その内の孝一路部分は、基隆市街区の伝統漁市の所在地であり、明け方、ほとんどの人々がまだ眠っている時間に、この場所では既に北台湾地区の漁販や新鮮な魚介を愛するお客さんたちが集まり、賑やかな漁市の中に響く競りを行う声は、伝統的な競り市場の震撼力を見させてくれる。崁仔頂漁市の漁産物は非常に豊富で、台湾卸売市場の中でも魚介種類が最も多い場所である。ここでは岸に揚げたての新鮮な魚介を、一般の市場よりもはるかに安い価格で買えるため、多くの外地からの観光客も安くて新鮮な魚介を目当てにやってくる。 崁仔頂一帯は基隆港にあり、そばに旭川河があることにより、北部沿海の漁民が生活用品を購入するために重要な地域となり、その後次第に漁市へと発展していった。早期の漁民は漁産物を直接業者に販売し、漁民または業者によって魚介が分類され、かごに入れて競りの準備をした。漁市では明け方2、3時頃から、業者が競りを始め、前日の入札価格を底値として、次第に値段を引き上げ、購入を決定する買主が出るまで行う。漁獲競りのイベント月は午前6~7時まで、崁仔頂「不夜城」と呼ばれる特殊な光景が見られ、基隆の特色産業の一つで、台湾の不思議を形成している。 崁仔頂漁市に来たらまるで小型の漁港に来たようで、違う所は魚を捕る漁船が、漁港から漁産物を載せてきたトラックになっているという部分だけだろう。早朝の基隆市街区は人通りも車も少ないが、孝一路だけは格別に賑やかで、遠くから眺めると、まるで明かりの灯った一本の夜市のようである。 もう一方の孝二路部分は、委託販売店舗が林立する通りで、昔は海外に行く人が少なかったため、委託販売店舗は舶来品を購入する絶好の場所であった。海外観光が開放され、以前のような華々しい姿ではなくなったかもしれないが、今でも多くのお客さんがここに来て買い物を楽しみ、この通りを賑わせ、基隆早期における多くの懐かしく華々しい光景を残している。


トップアバディーンの魚市場月曜日休暇ダウン