メインコンテンツへ

義二路形象商圈

義二路形象商圈の歩道 1
義二路形象商圈の歩道
義二路形象商圈の歩道縮小圖片, 角度1

基隆田寮河のそばにある義二路象商圈は歴史的な商業集落であり、愛六路形象商圈の規模に比べると、義二路の方がはるかに大きく、信一路から信三路まで、すべて義二路形象商圈に属し、廟口夜市にも近いため、義二路はだいぶ賑やかである。 義二路は清領時代において元々不規則な海岸の浅瀬であり、関所を設置する場所となった。港に臨む小さな丘のそばは、パトロールや船の監視を行う要地であり、当時は「哨船頭」とも呼ばれた。さらにこの場所に大規模な官庁や金融機構を興建し、行政と金融、経済の中心とさせ、商圏の規模もこの時に初歩的な形成がされた。日本人が基隆を占拠してからは、積極的に新市街地開拓の計画が進行され、田寮河を運河にしたり、海を埋め立てて、新市街地により良い衛生及び居住の条件をそなえさせた。さらに基隆港が近くにあり、交通が便利なため、有利な投資環境が形成されたことで、日本人がこの地に集まるようになり、密集した商業地帯が形成され、「基隆銀座」の美名さえある。 以前の古朴な街道も計画を経て、整然かつ人文歴史を持つ斬新な姿へと変わり、商業司の指導の下で、基隆義二路商圏はその商圏競争力をすぐに高め、歴史的な栄光を再び造った。更に「田寮河岸の新生活風商圈」をビジョンとして、引き続き「休日歩行者エリア」を推進し、商圏内には不定期にストリートパフォーマンスやコーヒーの香りが漂い、現地文化のアイディア溢れるデザインや努力を表現している。道に立ち並ぶお店は、様々な商品や食べ物を販売しており、途中には映画館もあって、食も遊びも満喫出来るため、義二路形象商圏は、より多彩な変化が楽しめるようになっている。 義二路形象商圏を歩き、バロック風建築のそばに身を置くと、思わず1913年に日本人が開創した基隆市銀座の華々しい時代が思い出される。当時は、夕暮れ時になると、和服やスーツに身をまとった男女たちが、馬車の音に伴い、焼酎と料理の味や歌と踊りの中で流動し、ある人は劇場で演芸を観賞し、ある人は相撲場で歓呼を上げていた。これが当時の日本人の余暇生活であり、漁村から華々しい基隆銀座へ変わり、また時の流れによって、今日の義二路形象商圏へと変わって行った。