メインコンテンツへ

大武崙砲台

大武崙砲台に古い建物 1
大武崙砲台に古い建物
大武崙砲台看板 2
大武崙砲台看板
大武崙砲台の景色 3
大武崙砲台の景色
大武崙砲台に古い建物縮小圖片, 角度1
大武崙砲台看板縮小圖片, 角度2
大武崙砲台の景色縮小圖片, 角度3

大武崙砲台は基隆の北西側、外木山漁港の後方の大武崙山頂にあります。情人湖が眺められる位置にあります。険しい地形のため、基隆港を守備する西側の要塞として、1840年のアヘン戦争及び1844年の清仏戦争の際に朝廷より守備隊が派遣されたことがありましたが、構造及び設計特色により、日本統治時代に築城されたものと考えられています。 大武崙砲台は一級古跡です、標高は231メートルの大武崙頂上にあり、険しい地形です。西側に情人湖、北側に大武崙奥、東側に基隆港と東海を眺めることができます。砲台の入口には落葉並木の砂利道を通って向かいます。頂上に着くと周囲を石垣に囲まれた砲台跡が見えますそこには、砲盤、弾薬庫、大砲や機械を運搬する通路がまだ残っています。大砲はもうありませんが、地面には砲架の跡がまだ残されています。 大武崙砲台は保存状態の良い遺跡です。軍営の歩道、洞窟軍営、東古堡、北古堡、南古堡、塹壕、貯水池などがあります。静かな環境であり、緑も多いです。石垣を登れば周りにある基隆島、外木山澳漁村、八斗子、北海岸などの景色をすべて目に入ります。とえも綺麗な景色であり、結婚ためのロケーション撮影も頻繁に行われているほどロマンチックな雰囲気の場所です。


夜の旅行に適していない夜間消灯しません、