メインコンテンツへ

槓子寮砲台

槓子寮砲台に古い建物 1
槓子寮砲台に古い建物
槓子寮砲台に古い建物 2
槓子寮砲台に古い建物
槓子寮砲台の砲弾置き場 3
槓子寮砲台の砲弾置き場
槓子寮砲台に古い建物縮小圖片, 角度1
槓子寮砲台に古い建物縮小圖片, 角度2
槓子寮砲台の砲弾置き場縮小圖片, 角度3

槓子寮砲台は、基隆の東北方におり、大体の位置は信義区と中正区との交差点の山あたりである。台湾の国家古跡である槓子寮砲台は、二沙灣砲台と大武崙砲台と並んでいる。崗哨、交誼廳、兵舎、指揮所、碉堡、火薬庫、礮盤區等などの広い範囲の古跡が良好に保存している。砲台の軌道は360度で、どんな角度でも自由に設置して発射することができた。それも、台湾の五大礮台區の中にオンリーワンの砲台で非常に特別である。また、観測台と礮盤區の間に「通話通り」というものがあり、それも一つの特点である。 槓子寮砲台は、清朝時期にも存在しており、白米甕砲台共に外港の安全を守ってきた。日本統治時代に防衛機能が強くなると修正されました。台湾光復後、軍隊の進駐でもあったが、時間があまり長くなかったため、撤収になってから長年廃置していた。数十年前まで、管理権利が地方政府に移転した。歴史性、建築の価値面から見れば、他の砲台より負けないと思われる。 槓子寮砲台は、槓子寮山地の形に沿い築かれ、後ろは山前は海で標高150Mで2ヘクタール頃の面積で、厳しい地形におる。主要の任務は八斗子、基隆港北方海域、及び瑞芳方向の道路を守ることである。槓子寮砲台の「槓子」は、凱達格蘭族語の罠という意味で、寮は人々の居場所だということ。 槓子寮砲台區內では、木が繁茂して、緑がいっぱい感じている。砲台區に入って、小径に従い上に向かって行くと、少しオーバルの鉄砲台が見える。また、階段を上がると、素晴らしい眺める制高地点に到達する。基隆嶼、和平島、八斗子、鼻頭角、北部海岸、九份、金瓜石等などが眺められるし、その景色でも大爽快。雲少ないとき、台北101ビルまで見える。


夜間ませ夜間照明は、旅行にフィットません