メインコンテンツへ

社寮東砲台

社寮東砲台の階段 1
社寮東砲台の階段
社寮東砲台に古い建物 2
社寮東砲台に古い建物
社寮東砲台の砲台区 3
社寮東砲台の砲台区
社寮東砲台の階段縮小圖片, 角度1
社寮東砲台に古い建物縮小圖片, 角度2
社寮東砲台の砲台区縮小圖片, 角度3

社寮は平和島と呼ばれており、雞籠社の原住民部落だったが、戦略位置が最も重要で、十七世紀から基隆港湾を固守していた重要な訓示拠点になってきた。 歴史資料によると、西暦1626年頃からスベイン人が砲台を築いており、中国の清朝初期頃潰され、西暦1886年まで劉銘伝が再び直して復旧しました。 その後、日本人に東と西が分かられて改造されたということ。長年メンテナンスしていないので、その社寮砲台の調子はなかなか悪くなってきましたが、近年積極的に保護、維持しており、現在新興の観光遺跡になります。 社寮東砲台の配置は他の砲台とほぼ一緒くらいとは言うものの、建設時期がより遅かったため、少し異なるところが見当たります。大体から見れば、日本統治時代に独特な軍事風格と空間感が維持している。 社寮島の砲台が1626年頃築かれ、今の西砲台の位置はスベイン人に築かれた柯模堡という堡塁の位置であろうかと思われ、1642年にオランダ人に占領されビクトリア堡塁が名付けられたのである。ところが、清朝初期壊されて、清仏戦争が起きる直前まで、劉銘伝が砲台の建設を指示しました。日本統治時代になってから、1907年に日本人が社寮砲台に改造して東と西に分けて、1924年に完成しました。 社寮東砲台は、開発、重視していなかったため、いろいろな施設が破壊され、その劫を避けたのは僅か貯水池、兵舎の閲兵台、指揮所、機関銃堡、観測所、火薬庫等などで、全ては石造建築である。その東砲台の配置方法は、兵舎を山の谷に隠して遮蔽性を上げて、鉄砲を山頂に設置するということである。そうすれば、外海から見つけにくくなります。また、社寮東砲台は、清朝末期から日本統治時代にかけて、基隆の軍事要塞としていたため、高度な保存価値があると認められていた。