メインコンテンツへ

中仏戦争殉死戦士記念碑

中仏戦争殉死戦士記念碑 1
中仏戦争殉死戦士記念碑
中仏戦争殉死戦士記念碑からの眺め 2
中仏戦争殉死戦士記念碑からの眺め
中仏戦争殉死戦士記念碑縮小圖片, 角度1
中仏戦争殉死戦士記念碑からの眺め縮小圖片, 角度2

中仏戦争殉死戦士記念碑は、基隆仙洞巌付近の太白街にあり、主に1884年に、フランス軍が基隆を攻撃した際、勇敢に抵抗した劉銘傳率いる清軍を記念しており、双方とも無数の死傷者を出したため、後人が犠牲となった烈士たちを記念するために立てた。 1884年、フランス軍が基隆を攻撃し、劉銘傳率いる清軍は勇敢に抵抗した。双方は仙洞付近で熾烈の戦いを繰り広げたが、やがて抵抗しきれなくなった清軍は次々と各拠点を諦め、戦いの結果、双方とも無数の死傷者を出した。後人は犠牲となった烈士たちを記念するため、現在の太白街付近に石碑を立て、「清国人之墓」と刻んだ。 その後、1975年に、仙洞付近に住む住民たちが、家を建てるために山地を開墾していた際、多くの清仏戦争で命を犠牲にした清軍戦士たちの骸骨を発掘したことにより、住民は太白里「火号山」付近一帯の陰気が重すぎると思うようになった。当時の基隆市長はこれらの勇士達を記念するため、更に市民たちを安心させるためにも、盛大な超度法会(死者の供養)を行い、骸骨を集中して幾つかの甕に奉納して共に埋葬し、同時に慈恩祠も修築して、共に祀った。更に慈恩祠の上に石碑を立て、「中仏戦争殉死戦士記念碑」と刻み、深い歴史的意義と民族的価値を持つ。 「慈恩祠」は地元では愛国将軍廟とも呼ばれ、後人が追憶できるよう、清朝時代の劉銘傳とフランスのクールベ将軍を二名同時に祀っており、劉銘傳将軍は又の名を「清国公」という。 清仏戦争殉死戦士記念碑を訪れた際には、付近の築港記念碑や白米甕砲台などと合わせた、歴史ツアーのパッケージコースにすると、戸籍を通して清仏戦争の歴史が知れるほか、基隆港を修築した先人たちの苦労なども知れ、非常に有意義な旅となるだろう。


文化的な労働者の訪問のためのより適切な