国立海洋科学技術博物館

国立海洋科学技術博物館
国立海洋科学技術博物館
国立海洋科学技術博物館
国立海洋科学技術博物館
国立海洋科学技術博物館
国立海洋科学技術博物館
国立海洋科学技術博物館(略称 海科館)は基隆市東側の八斗子地区にあり、西は八斗子、碧砂漁港、東は東北角海岸風景特定区に隣接しております。テーマ館は海洋科学ホール、船舶及び海洋工程ホール、深海展示ホール、深海映像ホールなど、様々な角度から海に関する知識を紹介し、前衛なインタラクティブの展示品を通して、楽しみながら海洋科学、生態、文化を学ぶことができます。 エリア探索館:「海洋がこの土地を育んだ」を展示の主軸として、当海域独特な観光資源を表現し、ムービーや蝋製模型、工具等の展示によって基隆八斗子の過去と現在の物語を紹介して、漁村の文化や歴史的な変化について深く認識することができます。 IMAX 3Dマリンシアター:ムービーには海洋科 学、環境保護、自然生態といった教育的な内容を主としており、先進的な3D技術、リアルな音響設備、台湾最大の 3Dスクリーンを通して、まるでその場に身を置いているかのような臨場感を味わわせます。海洋生態展示館:水族館によって海洋生態の多様性と豊富性を表現します(2016年にオープンする予定です) 。 海科館周辺の研究や景観施設は、八斗子公園、潮境海洋研究センター、環境保護復育公園、潮境公園と碧砂漁港があり、有名な八斗子の夕日や、遠くに基隆山と九份を眺めることができ、望幽谷、65高地、101高地の景観デザインが異なる視角から八斗子の景色を俯瞰させ、空と海が一色となった広い視野を提供しています。

101ハイランド:、終日オープン夜間照明が不完全であるため、人々の自身の安全に注意してください。