メインコンテンツへ

陽明海洋文化芸術館

陽明海洋文化芸術館の正面 1
陽明海洋文化芸術館の正面
陽明海洋文化芸術館中の展示品 2
陽明海洋文化芸術館中の展示品
陽明海洋文化芸術館の正面縮小圖片, 角度1
陽明海洋文化芸術館中の展示品縮小圖片, 角度2

陽明海洋文化芸術館は、かつて陽明海運株式会社の本社ビルでした。2003年、海洋文化を伝承する会社理念に基つき、本来の典雅な日本式の建物外観が残されつつ、内部が陽明海洋文化芸術館として新たに改装されました。陽明海洋文化芸術館は、海洋と人類文明との緊密な関係と台湾の海洋立国精神、海洋文化芸術に対する一般人の理解を深め、さらに「海洋を愛し、海洋に親しみ、海洋を保護・開発・利用する」といった、海洋に対する意識を育てることを目的としています。 館内の展示品は、不定期に更新されています。一般人の海洋文化への興味を高めるため、毎回の企画展のテーマにより、周辺の文化観光施設と連携し、関連のイベントを開催しております。「遊びながら学ぶ」「体験と感動」という学習の方法を中心にして、一般人を対象に海洋の文化と人文、地理と芸術への案内を行っています。館内の展示エリアは、常設展と特別展の二部門があります。常設展の陽明海運のグローバルコンテナ運送のエリアには、基隆港口の模型と世界のコンテナ運送の航路に関する紹介が展示されており、戦後、国の機関である招商局が陽明海運株式会社に民営化した会社歴史への紹介も展示されています。  さらに、全国初の貨物船を運転する模擬体験コーナーが設置されており、船長の職業に憧れを持つ大人や子供も、パソコンの動画と地面の振動によるリアルな船の模擬運転を体験しながら、船長としての満足感を味わうことができます。そのほか、陽明海運のグローバルネットワークのサービス紹介、古代と現代の航海計器及びコンテナ船の紹介も展示されています。陽明海洋文化芸術館は、不定期に特別展と文化イベントを開催していますので、海洋文化に興味を持つ方は、ぜひ芸術館にお訪ね下さい。


イベントウェブサイト:www.ocam.org.tw