跳到主要內容區塊

お寺参り

:::
主普壇(中元祭祀文物館)

基隆市にとって「中元普渡」は一年の中で一番重要な伝統祭りと言っても過言ではありません。この祭りを行う主な場所は「主普壇」です。最初は新石街か草尾店街に建てられたと考えられていますが、現在は中正公園に移…

  • 基隆市中正区信二路280号
仙洞巌

「仙洞巌」は基隆市中山区仙洞里に位置しています。仙人がここで修行して天に昇ったという噂があるため、「仙洞」と呼ばれているそうです。数万年の波による浸食で特殊な浸食洞景観が形成された考えられています。か…

  • 基隆市中山区中山四路仁安街付近
老大公廟

初期に漳州と泉州から移住してきた人々は、土地をめぐって闘争が起こり、甚大な死傷者を出してから、双方ともやっと後悔を覚え、共同で老大公墓を建て、後に老大公廟と改名された。そのため毎年旧暦7月1日の鬼門が…

  • 基隆市安楽区楽一路76巷37号
基隆福德宮 (基隆福寺)

仁愛区愛三路49巷(広さ3.5m)清朝の時代に官道階級であったことから、清官道と呼ばれた。清官道を中心として、市街は四方に向かって発展し、商売も繁盛した。清道光29年、挙人の江呈輝は当官道内に福徳宮を…

  • 基隆市仁愛区愛三路49巷9号
十方大覚寺

十方大覚寺は安楽区崇徳路の坂の上にあり、敷地が非常に広く、視野も良好のため、遠くに基隆港を眺めることも出来る。 山に沿って建てられた十方大覚寺は、雄大な気迫があり、中国古代の風格を持つ庭園の構造を保ち…

  • 基隆市安楽区崇徳路10巷67号
大仏禅寺

中正公園を回れば、園内のそれぞれのエリアで、それぞれ異なる体験ができるが、公園の最上階にある「大仏禅寺」は、基隆市の美景を最もよく見渡せる場所である。大仏禅寺は基隆市中正公園寿山の頂上にあり、高くそび…

  • 基隆市信義区寿山路17号
六堵代天府

六堵工業区内に位置する代天府は、五府王爺を主祭神とし、裏山では凌霄宝殿を修築し、玉皇大帝等を祀っている。建物の外観は壮麗で、山坂の上に建てられているため、非凡な気迫と、威風堂々である姿が一層際立ってい…

  • 基隆市七堵区工建路104巷17-5号
月眉山霊泉禅寺

「禅」寺の名の如く、世間離れした霊泉禅寺は月眉山の山腹にひとり佇んでいる。周囲を山に囲まれ、緑が豊かで、心落ち着く「禅境」は、清の光緒24年に創始され、現在は百数年の歴史を誇る。国内でも有名な仏教廟宇…

  • 基隆市信義区六合街1号
北白川宮能久親王記念碑

明治28年(1895年)、北白川宮能久親王は軍を率いて台湾を征討するために来台し、6月4~9日に基隆旧海関御舎営に滞在、同年10月28日に台南で病死した。その後、日本人は営舎のそばに郷土館を建て、左側…

  • 基隆市中正区中正路166号突き当たり(海関旧舍)
仏光山極楽寺

仏光山極楽寺は基隆市の中心に位置する信義区にあり、文化、芸術、社教、弘法、共修を含み、伝統と現代を結合させた多機能道場である。向かいには駐車場があり、東に署立基隆病院、西に忠烈祠、北に中正公園、南には…

  • 基隆市信義区信二路270号
和平島天后宮

別名、大鶏籠港口天后宮、社寮媽祖間。基隆で最初の媽祖廟といわれ、台湾北部で最も古い媽祖廟。その歴史は明朝に遡る。主神、媽祖の他、水仙尊王、福徳正神を奉る。内部の装飾彫刻は名人の手によるものが多く、非凡…

  • 基隆市中正区和一路84巷16号
和平島天顕宮

和平島山頂にあり、基隆港に面する抜群の視界。伍顕霊官大帝五兄弟を奉り、地元で有名な道教寺院。廟横にはさらに四面仏、三十六府王爺、六十甲子太歲地蔵王菩薩を奉り、台湾では珍しいインドネシア王室の器物が展示…

  • 基隆市中正区和平街118号
城隍廟

基隆護国城隍廟は仁愛区忠一路にあり、廟の門はちょうど基隆港の真向かいにある。当初は地方に天災人災が絶えず、清の光緒13年(1887年)に挙人・江呈輝と秀才・張尚廉によって建設のための寄付が発起されたと…

  • 基隆市仁愛区忠一路7号
奠濟宮

基隆廟口夜市の「廟」とは、夜市の中に身を隠す奠済宮を指しており、清の同治12年(1873年)に建造され、130数年の歴史を誇る、基隆市区で最大の由緒ある廟宇である。廟内に祀られている開漳聖王は、唐朝の…

  • 基隆市仁愛区仁三路27之2号
暖暖安徳宮

暖暖安徳宮は暖暖老街の末端、踏切のそばにあり、1801年(嘉慶6年)に建てられ、幾度もの修築を経て現在の姿となった。主祭神は天上聖母の媽祖で、二百年以上の歳月が経つ、暖暖最古の廟宇であり、暖暖地区にお…

  • 基隆市暖暖区暖暖街63号
暖暖双生土地公廟

暖暖親水公園そばにある土地公廟で咸豊9年に創建された。非常に悠久な歴史を持ち、一般の土地公廟と最も異なる点は、同時に二体の土地公を有し、二つの土地公廟が存在することで、台湾で最も特別な土地公廟であり、…

  • 基隆市暖暖区水源路36巷37-1号
獅球嶺平安宮

平安宮は仁愛区獅球嶺のそばにあり、建廟から既に二百数年もの歴史がある。基隆の文献によると、基隆市にある百所近くの土地公廟の中で、獅球嶺平安宮の歴史が最も古く、建築も最も壮大であり、当宮は清朝の嘉慶元年…

  • 基隆市仁愛区獅球路48巷174-1号
慶安宮

慶安宮は媽祖廟とも呼ばれ、基隆市忠二路の左側にある、基隆で最も古い廟宇の一つである。早期の基隆は市街区が未開であり、中国沿岸商船の往来する出入港で、更に農耕にも適していなかったため、大多数の住民は皆漁…

  • 基隆市仁愛区忠二路1号
築港殉職者記念碑

築港殉職者記念碑は港務局(現在は台湾港務公司に改正)旧宿舎高遠新村そばの小さな丘の上、すなわち現在の46号埠頭付近の坂の上にあり、記念碑は日本統治時代、基隆築港工事にて殉職した職員を記念するために建て…

  • 基隆市中山区中山三路103巷付近(高遠新村)