メインコンテンツへ

暖暖双生土地公廟

暖暖双生土地公廟入り口 1
暖暖双生土地公廟入り口
暖暖双生土地公廟の参拝者 2
暖暖双生土地公廟の参拝者
暖暖双生土地公廟入り口縮小圖片, 角度1
暖暖双生土地公廟の参拝者縮小圖片, 角度2

暖暖親水公園そばにある土地公廟で咸豊9年に創建された。非常に悠久な歴史を持ち、一般の土地公廟と最も異なる点は、同時に二体の土地公を有し、二つの土地公廟が存在することで、台湾で最も特別な土地公廟であり、右は福興宮、左は福徳宮がそれぞれ西勢里と東勢里を管理している。香火が盛んで、小さいながらも美しく、特色に溢れている。 なぜこの土地公廟には同時に二体の土地公があるのか?一つは東勢渓の住民が土地公を祀る場所が、ちょうど東・西勢渓の境界地点であったこと、もう一つは日本統治時代において、日本人が西勢ダムを建設したことにより、西勢渓上流の住民が村ごと東勢渓へ移転せざるを得なくなったことにより、東・西勢渓の先人たちはポエ投げによって双方の土地公の同意を得て、西勢土地公をこの場所に移転させて祀るようになったことで、同じ場所に二体の土地公がいるという状況が形成された。区別がつきやすいように、元々この場所にあった東勢土地公廟は「福徳宮」と呼び、移転してきた西勢土地公廟は「福興宮」と呼んだ。 この典故によって、福興宮土地公と福徳宮土地公は1941年に隣人となり、数十年を経て、現地の努力の下、2003年に現在の規模へ再建し、正真正銘に一つになり、双生土地公廟への改名も決定した。 双生土地公廟は庶民に対するご利益が高いだけでなく、二体の土地公がそれぞれ東西勢渓を管理しているため、水道会社職員たちの祭祀対象にもなっており、特に基隆地区に水不足の危機が生じた時には、水道会社の社長さえも双生土地公廟まで赴いて香を上げ、雨乞いをする。 この廟は地方信仰の中心である以外に、周辺には暖暖渓甌穴や河口堰の小さな滝、赤レンガポンプ室、西勢ダム等、歴史文化古跡や自然の美景もあるため、多くの観光客を引き寄せており、自然の美景と歴史古跡に囲まれ、百年にわたってこの世の香火を共に分かち合ってきたこの土地公兄弟は、現地住民たちの心の頼りとして、この土地を守り続けてきた。 暖暖親水公園そばにある土地公廟で咸豊9年に創建された。非常に悠久な歴史を持ち、一般の土地公廟と最も異なる点は、同時に二体の土地公を有し、二つの土地公廟が存在することで、台湾で最も特別な土地公廟であり、右は福興宮、左は福徳宮がそれぞれ西勢里と東勢里を管理している。香火が盛んで、小さいながらも美しく、特色に溢れている。