メインコンテンツへ

六堵険圳步道

六堵險圳步道の標石 1
六堵險圳步道の標石
六堵險圳の步道 2
六堵險圳の步道
六堵險圳の步道 3
六堵險圳の步道
六堵險圳步道の標石縮小圖片, 角度1
六堵險圳の步道縮小圖片, 角度2
六堵險圳の步道縮小圖片, 角度3

六堵と泰安里の拔西猴渓景観歩道には、七堵区泰安里と六堵里の境界線に険圳があるため、六堵険圳步道と呼ばれている。全長350mで、景観歩道の両端はそれぞれ泰安里拔西猴渓入口と六堵里慈鳳宮のそばにある。清朝時代にオランダと戦争していた際、民兵達は険圳の上方に集結し、高所にいたため、優勢に立ち、オランダ兵は無数の死傷者を出して、非常に苦しめられたと言われている。清の嘉慶22年(1817年)になると、安渓の余氏家族が六堵へ来て、灌漑農地のために、「頂圳」と「下圳」の二本の用水路をつくった。絶壁があるなど非常に険しい道だったため、先人たちはこの事績を記念するために、険圳と命名して今日まで語り継がせた。険圳は天然の奇景であり、基隆河は多くの川道に囲まれ、中国福建にある武夷山の九曲渓や中国武夷山に類似しているため、小武夷山とも呼ばれており、観光客は皆これほど険しい用水路に驚き、賞賛の声を上げる。 また、下方にある基隆河水域は「亀潭」と呼ばれるほど多くの淡水亀が棲息しており、生態も非常に多様である。枕木によって作られた歩道は、設備が完備されており、散歩が楽しめるだけでなく、サイクリングをしながら景色を眺めることも出来る。道の途中では廟の中の廟として有名な頂圳福德宮や百年夫妻樹、基隆河の景色も眺められ、七堵の濃厚な郷土の味わいが感じられる。 二里境界の絶壁には「六堵険圳」の四文字が大きく刻まれ、力強く書かれた四つの赤文字が放つ気迫は非凡なものである。石壁からそう遠くない場所には小さな台が設置されており、六堵険圳と刻まれた石壁の全貌を見ることができる。 当歩道では基隆河の景色が眺められるだけでなく、現地の人文や歴史、過去に河川を開発した経緯等を知り、レジャーやスポーツも楽しめる、家族旅行に最適の場所である。


「のように遺伝子工学施設は、一時的に閉鎖しました。」