メインコンテンツへ

姜子寮山步道

姜子寮山步道の木 1
姜子寮山步道の木
姜子寮山步道の木 2
姜子寮山步道の木
姜子寮山の歩道 3
姜子寮山の歩道
姜子寮山步道からの眺め 4
姜子寮山步道からの眺め
姜子寮山步道からの眺め 5
姜子寮山步道からの眺め
姜子寮山步道の木縮小圖片, 角度1
姜子寮山步道の木縮小圖片, 角度2
姜子寮山の歩道縮小圖片, 角度3
姜子寮山步道からの眺め縮小圖片, 角度4
姜子寮山步道からの眺め縮小圖片, 角度5

姜子寮山は三角架山、石硿大崙とも呼ばれ、五分山群横脈に属する高峰で、基隆市、新北市汐止区と平渓区の境界に位置する。海抜は729mで、基隆の最高峰であり、台湾小百岳の一つでもあり、景色が美しく、頂上の視野は広大である。早期には付近に多くのキョンが棲息しており、狩人たちがここに寮を立ててキョンを狩猟していたことから、「姜子寮山」と名づけられた。 近年、基隆市政府は姜子寮山に新たな歩道を開発し、元々は草の生い茂る登山用の小道だったが、枕木歩道を舗設したことで生まれ変わり、両脇には休憩用のベンチも設置された。峰頂部における360度の超広角視野は、北部の山では極めて稀に見られるものであるため、多くの登山客のお気に入りの登山スポットとなっている。 姜子寮山歩道沿いの風景は美しく、動植物の生態も豊富で、山上に向かう産業道路の横には、至る所に農舎や小川が見られ、一風変わった味わいを見せてくれる。歩道の両脇の花が開く時期には、花びらが歩道の上に舞い落ちて、情緒溢れる光景となる。歩道の坂は緩やかなものもあれば急なものもあり、登頂前の200m地点から最もきつい傾斜となるため、「好漢坡(勇ましい男にしか登れない坂)」と呼ばれているが、好漢坡を上り終えると、優美な風景が見える山頂に到着することができ、「苦しみ無くして栄光無し」という言葉が身に沁みて理解出来る。 基隆市政府は山頂の東西南北全てに眺望台を設置しており、視野が良好で、台北や平渓谷、基隆山岳、街道が眺め尽くせる。天気の良い日には円山飯店や101ビルまで見え、家族旅行には最適である。但し登頂まで往復に2時間かかるため、足腰と体力が持ちこたえられるか考慮する必要があり、歩道には木陰もあまりないため、比較的涼しい早朝のトレッキングがおすすめである。 姜子寮山歩道は美しい山水を擁し、七堵の美しい風景を体験するベストチョイスであり、山腹にある「泰安滝」は大自然の森林浴や水遊びが楽しめるベストスポットで、七堵の瑪陵坑や友蚋地区にも多くのレジャーファームといった選択肢があるため、レジャーコースの計画に取り入れても良いだろう。


頂上からの道の入り口往復の前面には、約2時間かかり、人々は自己評価フィートの範囲かどうかを、負荷に物理的にできるように開始することをお勧めします。