メインコンテンツへ

27-2 百年吳家鼎辺趖(台湾風ひもかわうどん)

27-2 百年吳家鼎辺趖(台湾風ひもかわうどん) 1
27-2 百年吳家鼎辺趖(台湾風ひもかわうどん)縮小圖片, 角度1
ここの鼎辺趖(台湾風ひもかわうどん)は新旧のインディカ米を半々に使用して、のり状になるまですりつぶし、鍋の縁に沿って転がし、蒸気で米ペーストを凝固させる。水分を飛ばしながら蒸し、こそげ取ったら自然乾燥させ、一枚一枚に切って、椎茸やワスレグサ、エビ、肉といった食材の入ったとろみスープの中に入れて一緒に煮込む、廟口でも有名な米食である。