メインコンテンツへ

和平島公園

和平島公園日の出 1
和平島公園日の出
和平島公園の波しぶき 2
和平島公園の波しぶき
和平島公園の東屋 3
和平島公園の東屋
和平島公園日の出縮小圖片, 角度1
和平島公園の波しぶき縮小圖片, 角度2
和平島公園の東屋縮小圖片, 角度3

和平島の原名は「社寮島」と言い,基隆の東北部に位置しており,基隆港の玄關口とされています。この島は,過去に西洋人が台灣の北部に進出した際,最も早く踏み入った土地であり,漢民族が最初に住み込んだ地域の一つでもありました。かつて原住民のケタガラン族がここで生活していましたが,その後,軍隊の管理區域となりました。現在,沿海地域の一部が観光施設の「和平島公園」として開放されています。和平島公園の魅力は,その海蝕によって形成された海岸の風景です。園內の海岸は,長期間の波とによる海蝕による様々な地質景観が。見られ,子どもたちには大人気の見學旅行の場所です 。公園內には教科書に載っている岩石の寫真を自分の目でその実物を確かめられるほか,雄大な自然の力を感じることもできます。美しい海岸風景のほか,露出した地層にある生物本體數万年前の化石を間近に觸れることはとても新鮮な體験となります。また,海岸の砂浜に棲息している海浜植物も園內の海岸では,海蝕洞窟「蕃字洞」という有名な歴史的遺跡があります。「蕃字洞」はオランダ殖民時代に殘された遺跡であり,長さが20メートル暦。西暦1668年オランダ人が社寮島から撤退しましたが,それ以前に洞窟の壁に文字を雕刻したと言われています。洞窟が砂岩であり,數十年の間,強い東北季節風に吹き続いてきたため,その文字はほぼ風化さ れてしまい,僅かな痕跡のみが殘されています。


入場者は、水域付近の安全に注意を払い、公園の清潔な環境を共同で維持すべきである。