メインコンテンツへ

基隆島

キールン島の歩道 1
キールン島の歩道
キールン島の歩道 2
キールン島の歩道
キールン島の夕日 3
キールン島の夕日
キールン島の歩道縮小圖片, 角度1
キールン島の歩道縮小圖片, 角度2
キールン島の夕日縮小圖片, 角度3

基隆島は基隆杙とも呼ばれ,日本統治時代における基隆八景の一つ,「杙峰聳翠」とされた。基隆から5㎞しか離れておらず,棉花島,彭佳島,花瓶島と並ぶ,基隆外海の4つの火山島である。基隆や近鄰の北海岸,東北角海岸線上からもその姿を見ることができる。この長さ960m,幅400m,最頂部は海抜182mの小さな島は,基隆島は海底火山の噴火によって形成された小さな島で,島自體がマグマが海水によって固まった「火成岩」であり,絕え間なく島の週囲は全て絕壁で,ほとんど平地が無く,多くの海蝕洞窟や岩礁もあることから,火山地質公園という美名も持つ。基隆島の景色は陸上から眺める位置を 気候の変化によっても多重な美感を表現する。晴れた日には火山島の気迫隆目の當たりにすることたりにするこき,明け方や黃昏時で外形が隠れるおぼろげな感じはミステリアスさを際立たせる。基隆の雨が多い環境や現在基隆市政府野生育とショウキズイセンの再育成に努め〜いは。5〜6月はユリの開花シーズン,8〜9月はショウキズイシンの開花シーズンで,毎年シの二つのシーズンになると多くの観光客を引き寄せるが,島には大型野生哺乳動物 はいない。基隆島の頂上には基隆島燈檯がある。當初は野柳燈柱と鼻頭角燈檯の光達距離不足を補うために増設されたもので,1980年に興建,搭高さ12.3m ,燈高さ189.3m(台灣第二位),光達距離13。