メインコンテンツへ

雄大な砲台

二沙湾砲台(海門天険)

二は灣頂上の中正公園にあります。中國城門の建築方法に従って,山沿いに建てられており,雄雄しくて立派です。元は1840年に二沙灣砲台により。の高地砲台の中でも「抱山式砲台」と言われ,一般の砲台とは異なり…

  • 基隆市中正区寿山路の突き当りです。(中正公園園区內)

大武崙砲台

大武崙砲台は基隆の北西側,外木山漁港の後方の大武崙山頂にあります。情人湖が眺められる位置にあります。険しい地形のため,基隆港を守備する西側の要塞として,1840年のアヘン戦爭及び1844年の清仏戦爭の…

  • 基隆市安楽区基金一路208巷19号(情人湖上方)

白米甕砲台(オランダ城)

にランダ城とも呼ばれる「白米甕砲台」は基隆港の西海岸に位置し,三級古蹟とされています。東岸に設置された砲台とともに港を守っていました。炮建てたそうです。砲台は清仏戦爭の時に設置されましたが,現在の狀態…

  • 基隆市中山区光華路37巷の突き当たりです。

社寮東砲台

社寮は平和島と呼ばれており、雞籠社の原住民部落だったが、戦略位置が最も重要で、十七世紀から基隆港湾を固守していた重要な訓示拠点になってきた。 歴史資料によると、西暦1626年頃からスベイン人が砲台を築…

  • 基隆市中正区和一路2巷

獅球嶺砲台

獅球嶺砲台は三級古蹟です。1840年頃に基隆港の南側に創造されましたが,安南問題ので基隆港を防衛するために作られた砲台。基隆港の南側の獅球嶺はそれぞれ砲台中より高い場所にあるため,見渡しが良く,砲台か…

  • 基隆市仁愛区獅球路48巷(高速道路大業トンネル上方)

槓子寮砲台

槓子寮砲台は,基隆の東北方におり,大體の位置は信義區と中正區との交差點の山あたりである。台灣の國家古蹟である槓子寮砲台は,二沙灣砲台と大武崙砲台と砲台の軌道は360度で,どんな角度でも自由に和並んでい…

  • 基隆市信義区教忠街141巷突き当たり