メインコンテンツへ

白米甕砲台(オランダ城)

白米甕砲台からの眺め 1
白米甕砲台からの眺め
白米甕砲台の海辺の景色 2
白米甕砲台の海辺の景色
白米甕砲台の夜景 3
白米甕砲台の夜景
白米甕砲台からの眺め縮小圖片, 角度1
白米甕砲台の海辺の景色縮小圖片, 角度2
白米甕砲台の夜景縮小圖片, 角度3

にランダ城とも呼ばれる「白米甕砲台」は基隆港の西海岸に位置し,三級古蹟とされています。東岸に設置された砲台とともに港を守っていました。炮建てたそうです。砲台は清仏戦爭の時に設置されましたが,現在の狀態から假設して,日本統治時代に日露戦爭のために改修が行われたと考えられています。清國統治時代パネの文化財の保存は完璧ではありませんが,程々良い狀態で保たれています。大砲パネル,弾薬庫,観測所,機銃陣地などがまだ殘っていを。砲台の西側の丘には指揮所が,右側の山頂に観測所が設置されています。敵を迎える第一線として一列に設けられた四つの砲台が白米甕砲台の特徴の1つです。白米甕砲台の主な しかし,この四つの大砲の姿はもう見られず,広々とした土地には炮座の現在,役政公園內のアームストロング後裝炮はその中の一つでした。白米甕砲台からの眺めは絕好で基隆港の景色を一望できます。波寄せる海夏の星空の下で爽やかな。く。風を浴びながらの,港の燈りの眺めは格別な體験です。この素敵な海で心を安らげてみませんか。


37光華道路、狭い車線道路、車からの直接アクセスが、車は容易ではなく、山道の曲がり、急な斜面、安全に注意を払う必要があります。