メインコンテンツへ

遺跡巡り

仏手洞

仏手洞は仙洞巌から2、30mしか離れていない場所にあり、仙洞巌そばの歩道より階段を上って行く。こちらも天然の海蝕洞窟であり、日本統治時代には防空壕として使用されていた。また、以前は洞窟内に蝙蝠が棲息し…

  • 基隆市中山区仁安街11号

劉銘傳トンネル

清の光緒11年に台灣巡撫の劉銘傳が台灣政治を治めていた時,積極的に台灣を建設し,洋務運動を推進し,鉄道光緒13年には「全台鉄道商務総局」の建立が許可される。鉄道の起工後,最初に基隆より台北を経由し新竹…

  • 基隆市安楽区崇徳路突き当たり(129号)

清仏戦争記念園区

清仏戦爭記念園區は中正區二沙灣中正路のそばにあり,フランス公墓と民族英雄墓の統合名であり,主に清仏戦爭時に犠牲となった將軍や兵士を記念念するために建て清仏戦爭はまたの名を中仏戦爭とも呼び,清朝政府とフ…

  • 基隆市中正区中正路二砂湾

築港殉職者記念碑

築港殉職者記念碑碑は港務局(現在は台灣港務公司に改正)舊宿舎高遠新村そばの小さな丘の上,すなわち現在の46號埠頭付近の坂の上にあり,記念碑は日本統治時代,基隆台灣は清朝より戦略的位置の意圖のため,非常…

  • 基隆市中山区中山三路103巷付近(高遠新村)

北白川宮能久親王記念碑

明治28年(1895年),北白川宮能久親王は軍を率いて台灣を征討するために來台し,6月4〜9日に基隆舊海關禦舎営に滯在,同年​​10月28日が台後,日本人は営舎のそばに郷土館を建て,垂直に功績を記念す…

  • 基隆市中正區中船路112巷68號

扶輪塔

扶輪塔は1986年に基隆東南扶輪社が作られた展望台です、360°見渡すことができます。天気が良い時には基隆の「五基」、基隆市、基隆島、基隆川、基隆港、基隆山が見られます。それに遠くの101ビルと陽明山…

  • 基隆市仁愛区

竹堡の遺跡

ベトナム領有を巡るフランスと清との間の戦争を起こってから、清は紅淡山には城砦が建て、その四角には竹を立ち上がって、竹の上には旗を揚げていました。フランス人が「竹堡」(Fort Bambou)と呼ばれて…

  • 基隆市仁愛区南榮路319巷近く

市長官邸

元は台湾土地建物株式會社基隆支店長松浦新平の旧居でした。およそ1932年(昭和7年)に建てられ、近くの材料の岩礁で擁壁と基礎を建てました。満潮の時に海水が基礎までも来ます。建築本体は木材と少量のコンク…

  • 基隆市中正区中正路261号

海港大樓(基隆港合同廳舍)

日本統治時代に建てられ、原名は「基隆港合同廳舍」、当時の台湾総督府交通局技師鈴置良一が設計しました。目的は基隆港にあった公務機関をまとめるため。1947年に「海港大樓」と改称しました、今でも基隆港に関…

  • 基隆市仁愛區区港西街6号

阿根納造船所

日本統治時代に建てられた「阿根納造船所」は各支線の終点だった。金瓜石の金と他の鉱物はここに集めてから日本に運びました。日本統治時代が終わってから、グルーズを作る米国会社に貸しました。阿根納造船所今は廃…

  • 基隆市中正区正濱路116巷75号

要塞司令部

日本は基隆に「基隆要塞指揮所」を設し、1903年には正式に「基隆要塞司令部」を設立しました。管轄範囲は基隆,澳底,金山,淡水,新竹,後龍などが含まれていました。当時は北台湾の最高軍事指揮中心である。 …

  • 基隆市中正区祥豊街46号