メインコンテンツへ

基隆市原住民文化会館

基隆市原住民文化会館の外見 1
基隆市原住民文化会館の外見
原住民の船の展示品 2
原住民の船の展示品
原住民の日常用品 3
原住民の日常用品
基隆市原住民文化会館の外見縮小圖片, 角度1
原住民の船の展示品縮小圖片, 角度2
原住民の日常用品縮小圖片, 角度3

基隆市原住民文化會館は中正區和平橋先の八尺門にあり,2005年4月より正式にオープンしました。館內には服飾や狩猟道具,竹編,木雕り,珠裝飾,楽器,陶芸品等200會館の後ろには原住民文化広場があり,原住民海浜國宅とし,開放的なテーマ広場公園で,敷地は2ヘクタールあります。広場の60%が山の斜面であるため,その地形を利用して2ヶ所の高地広場をつくり,広場の間を吊り橋で結び,「コミュニケーション」を表しています。2つの広場より大望い東側の広場には木道や石板小屋,木雕りギャラリー,野外ステージ,そして高さ2.2mの木雕りの円柱が9本立っており 建館時の台灣原住民族數-9族を表しています。會館の西側には,會館入口のイメージ石雕りや床レンガタイル,スケート場,十二族の雕像,屋台ブース,駐車場等週辺公共施設があり,ご來客に快適な休憩憩スペースを提供します。